世間一般の「毛が濃い」のレベルを超えていた私の体毛

女性がいう「毛が濃い」の範疇には収まっていなかった私の毛の濃さ

中学生のころからムダ毛が濃いことに悩んでいました。
特に腕や脚はうぶ毛と呼べないような剛毛で、
毎日シェービングをしても夕方にはジョリジョリしてきてしまうので、
極力素肌を出さないように気を付けながら過ごしていました。

 

大学に入ってからは制服もなくなったので季節を問わず基本的に長袖長ズボンでの生活。
「脱毛して素肌が出せるようになりたいな」と考えていました。

 

そんな時、友人が「ムダ毛が濃いのが悩みで、脱毛したいんだよね」と自分と同じことを言い出しました。
それまで隠していましたが、ついテンションが上がって「私もなんだよね!」と腕と脚を見せると、
「わあ、これはすごいね…」と驚かれてしまいました。

 

同じ悩みを持っている人がびっくりするなんて、自分はどれだけムダ毛が濃いんだろうと、ものすごく落ち込みました。
それ以来、前にも増して人に肌を見せないようにビクビクしながら過ごす日々。
社会人になってお給料を貰い始めてすぐ、念願の脱毛サロンに通いはじめて、そして永久脱毛までして・・・
今となっては悲しい思い出です。

 

脱毛に通う上で知っておいて欲しいたった1つのこと