無知だらけの小学生時代、悪気のないコンプレックス指摘が更に辛い!

小学生なのにわき毛って普通にメンタル折れますよ・・・

生まれた時に背中にしっかりとした毛が生えてたくらい毛深く、
小学生の時は眉毛も繋がっており、毛深いことがとてもコンプレックスでした。
どうにかしたいけど、生まれつきだからしょうがない、と自分に言い聞かせていました。

 

親も小学生が毛深いことを気にして、ムダ毛処理をする必要はないと思っていたのか、
ただ単に忙しかったのか、「腕の毛が最近濃く生えてきている」と言っても、軽く流されていました。

 

また、私の町は田舎町なので、ムダ毛を気にするおませちゃんはおらず、
小学生でムダ毛を処理できるなんて思ってもいなかったですし、
また友達ともムダ毛の処理話なんてなりませんでしたし、何より同じように毛深い子がいたので、諦めるものだと思っていました。

 

夏は特につらくて、半袖からふさふさと生えている腕の毛、
またプールの時間に水着になった時のゆらゆら揺れるワキ毛がとても気になっていました。

 

一番辛かったのが男の子からからかわれることです。
小学生の男の子だと全く毛が生えていないツルツルの腕の子もたくさんいました。
その子たちと比べられ、「お前の方が男子〜」と言われた時はショックでした。

 

今思えば、比べられた男の子もすごくかわいそうです。

 

また、どのくらい私の腕毛が凄いかを友達に見せるために、
ガムテープでベリッといかれたこともあります。
小学生は残酷です。いじめに近いです。

 

でも、この辛い過去があるからこそ、永久脱毛やその後の毛の処理に力をいれているわけで。
旦那にも褒められるので、ある意味ありがたいと思います。

 

脱毛に通う上で知っておいて欲しいたった1つのこと